よりやんせ はいりゃんせ 京都祇園 どっと・ていらー
http://www.dottailor.net/
手描き・リメイク・和柄・ジーンズ・開運・ひかりもの

お問い合わせブログ開運五福箱手描きリメイクバッグ手描きGジャン手描きジーンズ商品一覧メニューよくあるご質問Dot.tailor会社概要お買い物について特定商取引法に基づく表示祇園どっと.ていらートップページ

東大寺南大門 阿吽の仁王像の肩掛け鞄。。。 検 TEMAS・手描き・抜染&彩色・司染黒御


JUGEMテーマ:ファッション




  TEMAS司染黒御のバッグへの手描きは、これが初体験です。

 東大寺南大門に対で立つ・・・高さはなんと8m40cmの

 “仁王像(金剛力士像)阿形・吽形です。



  まさしく、“仁王立ち”という言葉があるように、

 びくとも動かないぞと足を広げた威厳と威嚇を感じさせる立ち姿・・・

 これが「仁王立ち」です。




  そして、この和の漆黒に、和の手描きです。

 文字は、抜染。。。 阿吽の仁王像(“金剛”力士)は、彩色。

 金剛力士だけに“混合”です。

  あえて“超力招来”“剛力招来”を抜染にしてみた。

 深黒帆布・・・最も深い帆布に染めあげられた

 黒帆布を抜染するとどうなるか・・・

  糸の番手も細いだけにすごい抜けがよすぎる。・・・・

 赤に抜けてオレンジに変わって、この色に落ち着きました。・・・・

 抜けがよすぎて、仁王像本体を抜染するのは、不向き。。。





  筋骨隆々さを表現するには、この黒帆布には、

 抜染ではなくてやはり彩色がよさそう。・・・

  やはりジーンズとは、勝手が違う。。。。


 お客さんの期待通りに“超力”と“剛力”の魂を

 込められたかなぁ???・・・ 




 「剛力招来」「超力招来」というのは、

 仮面ライダーでお馴染みの石ノ森章太郎原作、

 東映の特撮スーパーヒーローもの。。。「イナズマン」

 サナギマンからイナズマンへと変身するときの掛け声だったんですね。


  昭和48年ごろの番組ですが、私には全くその記憶がない。。。

 当時私は、貧乏学生で家にTVがなかった。・・・

 新聞もとってなかった。。。


  イナズマンはまず「剛力招来!」のかけ声で

 人間→サナギマンに変身し、エネルギーをためてから

 「超力招来!」のかけ声でサナギマン→イナズマンに

 変身するという二段階変身だそうです。・・・


  36年の時を超えて、新しいことを知りました。。。


まいど おおきに!
にほんブログ村に参加しました!
応援のポチっとよろしゅうに!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ

にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ





TEMAS司染黒御 阿吽の金剛力士。。。 検 手描き・奈良東大寺・仁王像・バッグリメイク


JUGEMテーマ:ファッション




  帆布のバッグに手描きをすることになった。

 一澤帆布や新三郎帆布・ポーターには、手描きしたことがあるが、

 TEMAS司染黒御は、これが初体験。




  KARATE 冠 SHOULDERという肩掛けバッグ。・・・

 生地は、ポーターによく似ている。

 一澤帆布や信三郎帆布より糸の番手が細い。


  黒って染めるのが難しいんです。

 深黒帆布・・・最も深い帆布に染めあげられた黒帆布。

 黒紋付を染め続けてきた黒染め屋のノウハウを帆布に活かす。・・・

 こだわりの染め色です。



  ブランド・タグは、手描きスペースの確保上、

 はずさせてもらいました。


  このバッグに手描きできるかどうかを確認してから、

 バッグを購入。。。手描きとこのバッグを引き合わせてくれた

 仏像大好きなお客さんのオーダーです。


  東大寺南大門に対で立つ“仁王像(金剛力士像)阿形・吽形です。

 阿形には、超力招来 吽形には、剛力招来 という文字入れもします。

 阿吽の仁王像にふさわしいイメージを言葉にしたとのことです。

 アイデアもGOOD!。。。




  抜染で描く予定ですが、この深黒帆布がどのように

 色が抜けるかワクワクです。。。。






  それまでの間、ポーターに手描きした雲龍でお楽しみ下さい。。。。


まいど おおきに!
にほんブログ村に参加しました!
応援のポチっとよろしゅうに!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ

にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ





デニム・エコバッグからマイ・エコ・手描きバッグへ・・・ 検 デニム・手描き・エコ・リサイクル


JUGEMテーマ:ファッション




  どこにでもあるようなデニム生地でつくられたトート・バッグ・・・

 現代風に言うなら“エコ・バッグ”ですね。・・・

 メーカーは、このWのマークは、EDWINですね。



  このバッグに、メーカーの自己主張は、あまり必要としない。

 申し訳ないけども、手描きするにはちょと邪魔なので

 Wマークは、はずさせてもらいました。・・・



  身勝手をご容赦下さい。

  すっきりしたかな(笑)・・・


 オークションで誰も入札する気配がなかったので、

 それほど欲しがられるものでもないってことかな。・・・

 百均よりは、高かったです。




  このトート・バッグの裏表に手描きして

 マイ・エコ・バックにしようと考えている。

  無地のまんまじゃなんかつまらんよなぁ〜。

 こういう付加価値があまりないバッグに、

 自分だけの手描きをして、オリジナルにリメイクする。・・・

 そのバッグに人の視線が釘付けになる。。。。

  たまりまへんなぁ〜(笑)
 

  それはそうと何描こか。。。



まいど おおきに!
にほんブログ村に参加しました!
応援のポチっとよろしゅうに!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ





抜染 降龍 検ジーンズ・手描き・和・和柄・リメイク


 ミクシィ・ジーンズ関連のコミュニティから、

 店舗にお越しいただいたお客さんのオーダーです。


 ジーンズへのこだわりに、自分のスタイル・自己主張が

 ありありでさすがです。


 このジーンズは、フルカウントの大戦モデル。

 描いたのは、昇龍ではなく、抜染の”降龍”です。・・・・


 

 抜染の昇龍が気に入ったとメールをいただき、

 どこにどんなふうに描くかをいろいろ考えて

 こられたことが伝わってきました。・・・


 それにしても、降龍になるとは思ってもみなかった。

 想定外でした(笑)・・・・






 

 この復刻レプリカジーンズは、

 リーバイスの44年大戦モデルを再現したものなのですが、

 洗うと左足側のセルビッチが左足前側にねじれてくるのです。

 そのねじれを活かしてジーンズの後側に描いても

 はくと龍の顔部分は、前に来るというわけなんです。・・・・





 そこは、それ・・・ジーンズ好きのお客さんのこと、

 うまく計算がされていますですね。
 

 抜染したあとに、赤と金をさし色につかっているのですが、

 抜染したのがもったいなかったかもしれませんね(笑)





 でもこのタイプの復刻ジーンズは、

 はきこむことによってジーンズの色落ちや

 あたり・ひげ・はちの巣などをつくりこんでいくのです。

 抜染部分は色を抜いているので今以上色落ちはしません。

 これをはきこんでいったあと

 どんなふうに育っていくのか楽しみです。


これぞ!これこそ!これが!・ジーンズ・リメイク・バッグや!!!


 このリメイク企画だけは、なんとしてもやってみたいなぁ・・・

 そう思ってから2年も経過してしまった。

 現存するリサイクル商品から、

 オリジナル・リメイク・バッグに仕上げる。






 まずLVのキーボルをネットで見つけ購入した。

 ここまでボロボロになっていても

 これがまた値段はけっこうするんですよ。

 内心では、高すぎるやろ!って思ったくらいですから・・・

 このままの状態で使う人はいないいでしょう。

 でもこれがけっこう入札があるんです。






 すべて解体してしまうが、

 バッグに使えない箇所も出てくるので、

 そこそこの大きさでなければならない。

 でも大きくなると当然のように値段も高い。





 どうしようもないくらい思い切りボロボロでいいんだけども、

 安くゲットできるのはなかなかない。


 
 そして同じくLVの贈り物用のリボン二種。

 約5センチ幅と約1.5センチ幅。

 そして、はかなくなったジーンズ。

 
 リメイク・バッグにするのは、3型。

 LVスピィーデイ・タイプのミニ・ボストン。

 エルメス・ガーデンパーテイ・タイプのトート・バッグ。

 フールトゥタイプのトート・バッグ。

 もちろんジーンズがベースですが、

 モノグラム柄やリボンをアクセントに使います。
 

 使わなくなったリサイクル品を

 どんなふうに生まれ変わらせることができるか

 いろいろ考えてみます。

 でもポイントは、リボンですね(笑)
 
 畳表とジーンズを組み合わせたバッグ・リメイクといい、

 昔から懲りない人なんです(笑)


 治りまへんなぁ〜こればっかりは(笑)・・・・


ジーンズ・リメイク・バッグ・・・持ち手の長さにも人それぞれ。


 エルメスのガーデン・パーテイをベースにした

 ジーンズ・リメイク・トートバッグ。





 肩かけ中心のお客さんからのオーダーで、

 持ち手を通常より、3センチ長めにした。


 当たり前のことですが、使っておられる肩かけトートの長さと

 同じにしただけのことです。






 でも肩かけのトートは、少し長さが違うだけで、

 違和感があったり、無意識にストレスがたまるものです。
 

 自分に合う長さの肩かけトートを探すのもいいですが、

 自分に合うようにつくることも大事なことですね。

 それがオリジナルと言えるものかどうかは何とも言えませんが、

 自分に合う、自分にいいように合わせてつくること・・・・

 これまでとは、少し違ったリメイクをさせていただきました。・・・・




 女性にとってバッグは、いつも手離せない道具のひとつです。

 バッグとそれを持つ人が一体化したその人のスタイルがある。


 ジーンズのボタン・フライがむき出しになった

 ジーンズ・リメイクバッグを持ってる人には、

 めったに出会ったことがない。
 
 思わずバッグに目がいってしまうほど、

 女性のバッグには、人それぞれ個性がありますね。・・・・

 私は、何が入ってんにゃろ?・・・と

 ついつい余計なことも考えてしまいます(笑)
 

手描きでバック・リメイク二種


 ジーンズでリメイクしたガーデン・パーティ風の

 トート・バッグに、手描きを二種類。






 いわゆる一点ものの新作。

 同じデザインのバッグも、

 手描きによって雰囲気がガラっと変わる。


 もともと赤のエナメル革が珍しかったので、

 トリミングに使った無地タイプで2本つくっておいたもの。
 

 無地では、やはりパンチ不足。

 なんか存在感が薄いかな。





 ひとつには、桜吹雪とポップな蝶を三匹。

 好き嫌いがはっきりするでしょうね。







 そして、ラインストーンで作った

 桜チャームのバッグ・アクセサリー。・・・・・

 バッグに飾るアクセサリーです。


 もうひとつは、最近よく手描きする牡丹。



 赤と白と紫でちと抑え目に・・・・






 

 これで赤のエナメル革のトリミングの強さが緩和されたかな。


 こういったバッグは、機能性もさることながら、

 これを使う時のシーンや

 持った時のウェアとのバランスや

 おさまりかたが大事なんでしょうね。
 

 男性が女性にプレゼントしたくなる

 バッグを作りたいとよく思う。


 どんなバッグが欲しいですか?(笑)・・・・

 百歩下がって、どんなバッグだったら

 もらってあげてもいいですか?(笑)


ジーンズ・リメイク・ミニ・ボストンに牡丹の手描き×ひかりもの


 先日、4夜連続でブログに書いた

 「母と娘ふたり・・そしてときどき“おとん”」の

 お母さんのオーダーです。

 女系ファミリー全員、手描きのジーンズです(笑)


 LEVIS501をミニ・ボストン・・・・

 形は、ヴィトンのスピィーディと同じです。・・・に、

 牡丹を手描きしました。







 緋牡丹がメインです。・・・

 東映ヤクザ映画全盛の頃、高倉 健・鶴田浩二と並ぶ

 女任侠スター藤 純子(今は、富司純子)・・・

 緋牡丹博徒のお竜さん・・・矢野竜子を

 なぜか思い出してしまいますが・・・
 

 高倉 健は、「唐獅子牡丹」なんで、

 明日は、唐獅子牡丹を抜染したのをアップします


 明日の話は、ちょと置いといて・・・・

 このジーンズ・リメイク・バッグは、

 手描きをするために、わざとポケットをはずして

 そこに手描きのスペースをつくったものです。
 



 裏面は、至ってシンプルです。


 そして、牡丹の周辺の葉っぱに、

 スワロフスキーのラインストーン(クリスタル・オーロラ2ミリ)を

 90個接着しました。






 これが接着前と接着後ですが、

 画像では少しわかりにくいかもしれませんが、

 現物は、思わず目を奪われてしまいますよ。








 牡丹のほうに接着するより、

 葉っぱのほうに接着したほうが、

 主役の牡丹を引き立たせます。

 ラインストーンは、名脇役でもあるのです。


 まさに「ひかりものってやっぱやばぁい」です。



 看板に偽りありません(笑)


ジーンズ・リメイク・バッグに手描きと藤原紀香の関係?


 早い話、花があるってこと。

 この祇園新橋界隈は、TVの撮影などに

 使われることがよくあります。





 昨日から、辰己さんのそばで、

 けっこう大掛かりな撮影をやっていました。

 今日も明日もやっています。


 フジテレビ 金曜プレステージ「ひみつな奥さん2 京都祇園の巻」

 というタイトル。

 「藤原紀香」でした。



 道理で人もわんさかいます。

 テレビで見るより、めちゃ細〜〜〜い。

 ピンクにミニスカ・スーツが似合っていました。


 写真撮ろうとしたら、やめてくれ言われましたので、

 こんなんしかありません。

 ピンクの人が藤原紀香です。

 これでは誰だかわかりませんが、辛抱して下さい。


 話変わって、ジーンズでリメイクしたボストンを

 めちゃ気に入ってもらったお客さんがいる。





 ヴィトンのスピーディと同型です。

 これで3個目。・・・といっても女性ではなく、殿方です。

 この界隈のおねえさんにプレゼントするらしい。





 
 「めっちゃ喜んでくれてなぁ〜・・・また、これにするわぁ」

 
 これには、桜を手描きする。・・・・



 無地のミニ・ボストンの雰囲気がガラリと変わる。

 花があるってことは、注目を浴びるんですね。

 藤原紀香のように、活躍することを祈る・・・・


リーバイス・コレクターとバッグ・リメイクのお話

 
 昨年来、親しくさせていただいている

 リーバイス・コレクターのお客さん。

 きっかけは、一澤帆布と信三郎帆布に行く途中、

 たまたま新橋通を通るついでに、立ち寄られたことから・・・。

 無類のリーバイス・ファンであり、

 復刻関連のジーンズ・Gジャンをすべて収集している。

 ここまでくるとまさしく男の道楽ですね。

 世の中には、どえらい人がいるもんやわ(笑)

 リーバイ・ストラウスさんもさぞ喜んでおられることでしょうね。

 いや、苦笑いかな・・・


 LEVIS37501(最悪503Bで可)の、

 “色落ちした”ジーンズを使って、

 バッグにリメイクしてほしいというオーダーをもらっている。

 シンチバック・革パッチがきちんと残っているもので!

 というけっこうハードルの高いこだわりなんです。


 それを古着から探すことになるので、

 そんなんすぐにはあるはずがない。

 もちろんそれなりの値段を出せばあるけども、

 材料代として考えると恐ろしいほど高くついてしまうので、

 やはりジーンズは、古着屋でまめに探すしかないのが現実です。

 そこまでお客さんのこだわりを聞かせてもらっているので、

 見つかった時の喜びは並大抵ではありません。

 そんなんでいろいろ古着屋回りり・ネットでも探していますが、

 やっぱりありませんね・・・


 そんな矢先、とある古着屋で、

 これならバッグ・リメイク用ではなくて、

 絶対に持ってないであろう復刻ジーンズを見つけた。



 LEVIS503BXX・・・紙パッチ・ドーナツボタンが特徴。

 これは色落ち具合といい、サイズ32インチといい、

 ピッタシカンカンと音がなるくらいのジーンズ大発見!・・・・


 そしたら偶然にも、ご本人から携帯に電話がかかってきた。

 所有しているジーンズの中で、

 LEVIS125(復刻)を2本持っているので、

 それでつくってほしいとの連絡。・・・

 うゎぁ〜もったいなぁ〜!!!


 でもこんLEVIS125(復刻)でリメイクしたバッグは、

 御本家にもない。


 これでバッグ・リメイクすることに決定した!


 このモデルはファースト501の復刻になり、

 1887年にツーホース・マークのパッチが採用されたので、

 文字パッチの『125』はそれ以前の物になります。

 ツーホース・マークのパッチの物は

 1887年以降の物の復刻になります。


 特徴
 ベルトループは無く、サスペンダーボタンが付いています。



 フライボタンはトップを含めて4つです。



 中央がへこんだ形のボタンです。

 トップボタン脇はVステッチではありません。



 バック・ストラップが付いています。

 画像はツーホース・マークの無い文字だけの革パッチと



 ツーホース・マークの革パッチになります。



 このパッチにはサイズ表記が入っていません・・・・

 の2種類があります。


 もうひとつのネタ・・・

 LEVIS503BXXの話と画像を送ったところ、

 是非ほしいとのこと。

 案の定、コレクターといえども、

 このジーンズはやはり持っていなかった。

 どの年代の商品なのかを教えてほしいということや、

 是非、ゲットしたい気持ちと興奮が携帯から伝わってくる。


 何が欲しいということを承っているので、

 これは間違いなく欲しいと思うことが

 手に取るようにすぐにわかった。

 そして、なんか胸のつかえもおりた感じ。・・・・


 さてこのLEVIS503BXX・・・






 販売開始は1990年。

 この紙パッチ、ドーナツボタンタイプは1992年までの製造。

 ※このジーンズは、92年1月製造です。

 1992年に501XX(60年モデル)が登場するまでの

 リーバイスジャパンの主力商品だったが、

 残念ながら2005年に廃番となる。

 特徴
 スタイルは1900年代前半の初期の501を復刻。

 ちなみに現行の503BXXの復刻は、

 1950年代初期のボーイズモデル503Bの復刻との事。



 紙製で、大きい印字、XX付きの紙パッチ。

 現行物とはかなり違う。



 現行の503Bのほうがアーキュエットの角度が深い。



 ドーナツボタンを使用。

 数日後、リーバイス・コレクターの手にわたる。

 大事にしてもらいなさいよ!!!


categories
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
  • ♪お富さん 婀娜(あだ)な姿の洗い髪♪。。。 検 歌舞伎・手描き・粋・美意識・
    edokko kazu-chann (12/11)
  • デニムの着物に雲龍が完成・・・そしてデビューへ。。。 検 手描き・桜開花・花灯路
    浦上 純 (07/09)
  • LEVIS125 リメイク・バッグと携帯ケース完成。
    ぽんちゃん (05/15)
  • ダブル・ウェスト・ジーンズ・リメイク・バッグの完成。
    ゆうき (04/25)
  • 男と女の生首のリペアするって??? 検 手描きジーンズ・07年制作・修復
    sinkoro (08/30)
  • ジーンズ・リメイク・ミニボストン・  検ルイヴィトン・ジーンズ・リーバイス・リメイク
    774 (01/15)
  • 男と女の生首のリペアするって??? 検 手描きジーンズ・07年制作・修復
    TE (12/01)
  • 花札暦を手描きしたのを忘れていた・・・検デニム・手描き・リメイク・花札
    ひげ (06/30)
  • 桜 早くも満開・・・ここに咲きほこれり。  検ラインストーン・手描き・愛・桜・京都
    美欧 (06/23)
  • デニムの着物に雲龍が完成・・・そしてデビューへ。。。 検 手描き・桜開花・花灯路
    美欧 (06/22)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM