よりやんせ はいりゃんせ 京都祇園 どっと・ていらー
http://www.dottailor.net/
手描き・リメイク・和柄・ジーンズ・開運・ひかりもの

お問い合わせブログ開運五福箱手描きリメイクバッグ手描きGジャン手描きジーンズ商品一覧メニューよくあるご質問Dot.tailor会社概要お買い物について特定商取引法に基づく表示祇園どっと.ていらートップページ

スポンサーサイト

  • 2011.04.19 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


伊藤若冲 牡丹が気に入りました。。。。 検 今回は手描き・でもラインストーンも・京都


JUGEMテーマ:ファッション




  年に2回は、必ず京都に来られているというお客さん。

 いつも母娘での京都観光のようです。

 でも今回は、結婚されてご主人さまと一緒。

  わざわざジーンズもご持参して、店を訪ねていただくことに、

 感謝に絶えない気持ちでいっぱいです。・・・

 というのも今回は、前の祇園にいた頃の店に行かれて、

 移転したことを知り、ここ新風館にまで来ていただいたのです。

  限られた京都滞在時間をさいて、店を探して来られました。


 

 ご来店のたびに、ジーンズにラインストーンで蝶や桜などを接着し、

 洗濯しても未だにとれないことを評価してもらったようです。

  今回は、店のサンプルに使っていた

 伊藤若冲(じゃくちゅう)の牡丹小禽図を模した

 牡丹柄が目に止まり、手描きすることになりました。


 

  江戸時代の牡丹はこんなんだったんでしょうか・・・・

 ずいぶん雰囲気が今の牡丹とは違うようにも感じます。・・・

 そして、鳥を描く代わりに、

 アゲハ蝶と紋白蝶を3匹描いています。

 もちろん蝶には、ラインストーンを入れます。






  今回は、京都で手描きで誂えた

 “牡丹と蝶&ラインストーン”です。・・・




 なんか不思議な魅力が漂っています(笑)


まいど おおきに!
にほんブログ村に参加しました!
応援のポチっとよろしゅうに!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ

にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ





ラインストーンを自分で接着。。。クリスマス・プレゼント 検 自分でやってみる・スワロ・キラキラ

JUGEMテーマ:ファッション




  初めての経験だから、最初は誰だってそうなんんですよ(笑)

 コツをのみ込めば簡単なものです。

 電話で予約をいただいたお客さんの、

 初めてのラインストーン・リメイク・デビューです。


 ・・・と思っていたら、2年ほど前に、

 接着経験のある祇園の頃のお客さんでした。

  失礼しました。・・・クリスマスのプレゼント交換らしいです。



 ヴィヴィアン・ウェストウッドのハンカチのようですね。。。

 これにアクセントとして、ラインストーンを

 70個ほど接着してキラキラ・・・
 

  ハンカチとして使うんじゃなくって、

 部屋の飾りに使ってもらうようにとのこと。

 用途をはっきりもっておられるから、実にわかりやすい。

  ハンカチは、ハンカチにしか使ってはいけない・・なんて

 誰も言っていませんです。




  最初は、ちょっとだけ戸惑いがあったものの、

 2年経過したとはいえ、接着の経験があるから、

 手慣れたもんでした。



  クリスマスが待ち遠しいですね。

 きっと笑顔がこぼれてくると思います。


   Happy X’mas!

まいど おおきに!
にほんブログ村に参加しました!
応援のポチっとよろしゅうに!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ

にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ






昇龍 灰青黒金から灰青黒金+“白”やいかに。。。 検 手描き・和・和柄・ジーンズ・お誂え


JUGEMテーマ:ファッション




  先日、手描きした昇龍・・

 濁った白ベースにしたかったのが、灰色ベースになった昇龍。

 青黒で、龍の顔・体・尾にいたるまで、

 青黒でメリハリをつけ、金で最終仕上げ。。。





 
  これにさらに白で総仕上げする。

 色を重ねていくので、また味わいも変化していく。





   これが彩色のよさだね。・・・

 はきこんでからでも、リペア・修復をするので、

 手描きした最初の雰囲気に再現することもできるし、

 ガラっと色味を変えてしまってもおもしろいはずです。




  既成の手描きジーンズではやってくれないですが、

 リペア・修復も手描きならではのよさなんですよね・・・

 ジーンズをはきこんでヒゲやあたりを、

 自分流に育てるのと同様に、

 手描きにもはきこんだ変化と成長があります。


 
  変化にそって、修復も楽しいものです。

 そこには、変化を求めるお客さんがいるからです。

 もちろんジーンズ自身が変化を求めているのかもしれません(笑)
 
 これは次に、ラインストーンを昇龍に接着します。・・・

  4〜500個。。。

 
 流行に流されることなく、自分自身のジーンズ・スタイルを

 極めてほしいと願っている。




  えッ?・・・私ですか?。。。

 私は、今はもっぱら、バーガス・ガールを履きたおしています。


まいど おおきに!
にほんブログ村に参加しました!
応援のポチっとよろしゅうに!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ

にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ






昇龍にも、仕上げの化粧とラインストーン  検 手描き・京都・お誂え・ラインストーン


JUGEMテーマ:ファッション




  かなり丁寧に古着加工されたジーンズです。

 アタリやヒゲと呼ばれるものを一枚一枚丁寧に

 加工する技術は、日本人ならではですね。
 
  これに、昇龍を描くことになったのです。



 オーダーは、白に金の昇龍でした。

 白を少しくすませた色にしたかったのですが、・・・

 思ったより、灰色に近くなってしまいました。

  それに紺や黒でメリハリをつけ、金を入れたものです。




  お客さんに画像を送って、出来映えについて

 意見をいただきました。

 最終、白を使って仕上げをしようということになりました。


 
  この昇龍は、比較的好まれるので、

 お客さん一人一人に、位置・大きさ・色味などできるだけ、

 オリジナリティを心掛けている。

 出来上がったものを確認して、

 最後の仕上げのお化粧をお客さんに関わってもらうこと。

 手間を惜しまずにやること。・・・

 それがMY昇龍として、愛着がさらに湧くというものでしょう。


 

  京都まで、ジーンズを送るにも、お金がかかるわけで、

 手描きジーンズを近場で買うより、

 京都で手描きのお誂えにこだわるという気持ちに

 なっていただければと思っています。



 
  この昇龍は、仕上げの化粧のあと、

 ラインストーンを鱗に接着します。

 400〜500個ほど必要だと思いますが、

 きっと・・・うひゃ〜!と喜んでいただける

 お客さんの笑顔が浮かんできます。
 

  京のお誂え・・・恐るべし。。。。そう言われてみたい・・・・


まいど おおきに!
にほんブログ村に参加しました!
応援のポチっとよろしゅうに!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ

にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ






探しました・・・店を変わったんですか?。。。 検 祇園新橋→烏丸新風館・京都観光


JUGEMテーマ:ファッション




  電話をいただいて、驚きました。

 「昨日から、京都に来ていて、

  祇園のお店がなかったので、探しましたよ・・・

   今、新風館の3階まで、来ました。

  お店はどこですか?・・・・」
 

 あわてて、店の外に出て手をふる・・・・


  今回は、カップルのようだ・・・・

 限られた時間をさいて、ジーンズにラインストーンを

 接着させてもらってきたお客さんだった。・・・

  いつもお母さんと二人で、京都には年2回来られる。

 短い時間なので、お住まいもお名前も携帯もしらない。・・・


  顧客リストに書いてもらうタイミングを失ったままで、

 店を移転した連絡も差し上げられなかった。
 

 「京都に来たら、ぜひ立ち寄りよるのが目的のひとつなんですよ。

 だから昨日から探して来ました・・・・

 でも見つかってよかった。。。

  実は、私たち、結婚したんです。。。。

 お母さんも京都に、来たがっていましたよ。」


  思わず胸がつまってしまった。・・・・
 

 前回の来店直後に、ブログを書かせてもらったものをお見せした。


  2007年7月13日・・・







  その前が、2006年11月24日。。。。





 

 その時にジーンズに接着したラーンストーンの画像を

 いくつか撮らせてもらい、ブログを描いた記憶が

 鮮やかに蘇ってきた。。。


 「今回は、ジーンズに手描きして下さい。・・・

 牡丹が気に入りました。蝶々が好きなので、

 牡丹の花に止まった蝶を描いて下さい。

 そして蝶には、ラインストーをお願いします・・・・」


  両手には、荷物を持たれていた。・・・

 いろいろと京都の紅葉を見てまわり、

 おみやげで一杯なんでしょう。・・・にもかかわらず、

 私のような店に毎年、わざわざお越しいただき、

 ありがとうございます。・・・


  うまく言葉が出てこないくらい、胸が熱くなったひと時でした。


まいど おおきに!
にほんブログ村に参加しました!
応援のポチっとよろしゅうに!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ

にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ






黄金龍にキラキラ・デコ・リメイク・・・京都から。。。 検 手描きと刺繍・ラインストーン




  早朝に携帯メール着信あり・・・

 「今日、早速はいています。店の照明の下で手にして見るより、

 実際、外ではいて歩くと光に照らされて、

 ラインストーンがキラキラ輝いて感動しています。

 店のショーウィンドウなどに、映った姿を見て・・・・

 ニッ!としています。・・・」




 

  昨日、残業やめてまで(笑)出来上がり商品の

 受け取りに来られたお客さんからだった。


 

  そうそう、絡繰刺繍ジーンズ・昇り鯉&桜の五連ポケットに、

 抜染した昇龍に、オーロラ・ラインストーンを

 龍の鬚・顎から鱗全体に400個接着した・・・


  登竜門の黄金色に輝く昇龍のオーナーです。


 

 それにしてもこのジーンズは、抜染すると通常より黄味ががって

 色が抜けたので、まさに黄金龍誕生。・・・




  いい出来映えだねぇ(笑)・・・・


 昇り鯉のほうが、主役だったのに、

 昇龍が完全に主役をくってしまいましたね。・・・・




  刺繍と手描きが同居したジーンズは、どこ探してもないでしょう。


 刺繍ジーンズ好きの友達が、出来上がったら見せてくれというのも

 頷(うなず)けます。・・・・

  これから黄金龍伝説として、語り継がれていくかな(笑)

 
 第三弾となる手描きもおおよそ決まっているんです。・・・

 家の掛け軸に描かれた猛虎にしようと企んでおられました(笑)・・・


 
  はいておられたジーンズは、

 絡繰(からくり)刺繍ジーンズ・二連ポケット獅子&鯉に

 パイソン柄のジーンズ・・・・



 これの左脚にがっつりと猛虎が登場することになるかもしれません。


 でも掛け軸からアイデア持ってくるってなかなかいけてまっせ(笑)



まいど おおきに!
にほんブログ村に参加しました!
応援のポチっとよろしゅうに!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ






絡繰(からくり)刺繍ジーンズに、手描のお誂え。。。。 検 手描きと刺繍・リメイク・和・和柄




  昇り鯉&桜 刺繍五連ポケットの絡繰ジーンズ・・・

 ここまで揃った舞台に登場するのは、そりゃなんつっても昇龍でしょ!。




 登竜門の故事からも、竜門の滝を登った鯉は、龍となる。・・・

   天に昇る昇龍を抜染・・・

 ジーンズの生地の色を筆で抜いた上に、金をさし色しています。・・・



 まさに黄金龍の誕生です。

 おまけに爪には、宝珠をにぎらせています。

  これもお客さんからのリクエストなんですけどネ。




 鯉桜から昇龍への主役交代・・・

  いやこりゃもう政権交代ですね(笑)・・・

 企画ものの絡繰(からくり)刺繍ジーンズが、

 手描きによって“お誂え”ジーンズにリメイクされた瞬間です。



 

  前に描いたのが、風神雷神刺繍五連ポケットに鳳凰の

 評判も上々だったので、早速、追加となりました。・・・


  おせちもいいけどカレーもね!・・・って

  昔、CMがありましたが、

  刺繍もいいけど手描きもネ!!!・・・ですね(笑)


 

 いや待てよぉ〜・・・・

 これまでに、この絡繰(からくり)刺繍ジーンズを買って、

 それなりにはきこんで、楽しんだうえに、

 今度は、手描きを組み合わせて楽しむことできる。・・・と

 いうことは、一粒で二度おいしいグリコってことかな。。。


  絡繰には、からくりがあったわけです。。。



 
 手描きは、これで完了しましたが、まだこの続きがあるのです。

 この昇龍の鱗にラインストーンを接着します。

 光があたると七色にキラキラと輝く・・・

 そうスワロフスキーのオーロラを接着するのです。・・・・


 2ミリを使うのですが、だいだい500個くらいになると思います。


  どんだけかこの昇龍がキラキラ輝くか・・・


  この世のものとは思えませんよ(笑)
 


  さぁ〜がんばってつけてみっか。。。


まいど おおきに!
にほんブログ村に参加しました!
応援のポチっとよろしゅうに!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ







抜染昇龍に、ひかりもののスパイス。。。。大阪から。。。 検 ラインストーンでリメイク・和・和柄




 さてとこれからが抜染昇龍のさらなるリメイク。

  鱗にラインストーンを接着する。・・・






 まぁ嬉しいのは、このジーンズが男性のジーンズであるってこと。・・・

 男性だってキラキラが好きな人がいるってのが、

 嬉しいじゃぁありませんか・・・


   女だけに独り占めさすこたねぇ(笑)・・・


 これで仲間が増えたってもんだ!・・・


 

  画像じゃわかりにくいでしょうが・・・・全部で217個ほど。・・・

 画像のところどころに、キラ〜ンとしているところが見えますかねぇ?




 

  それにしてもこのEDWINの古着加工のジーンズは、

 抜染するとけっこう黄味がかって抜けるので、

 シブ〜ぃまるで黄金の昇龍みたいやでぇ〜。


 

  そこに、サファイア・サテンの少し黒味がかった

 ブルー系のラインストーンと七色の黄味ががかった

 ジョンキル・オーロラの二色使い。・・・・


  色の組み合わせとセレクトもオーダー自由につき、

 人とかぶることはまずないわ。・・・
 

 右脚には、抜染昇龍が巻きついています。・・・・パーフェクト!!!


 全身を黄金の鱗に覆われ、鬣(ひげ)を優雅にたなびかせ、

 ラインストーンの輝きを放ちながら天に昇るその姿・・・




  なんと神々しいことか!
 
  自慢の一品になってくれるといいっすね。・・・・


 龍の鱗の数は、81枚と決まっています。

 81枚の内、喉もとにあるとされている30cmくらいの

 逆さに生えている鱗・・・

  これを、“逆鱗(げきりん)”と言います。

 龍はこの鱗に触れられると凄まじい勢いで怒りだし、

 その触れた者を八つ裂きにしてしまうと言われています。

  そこから、天子の怒りに触れることを

 「逆鱗に触れる」という故事になりました。


  
  でも、このジーンズの件で・・・

 奥さまの逆鱗に触れないように、ご注意下さいね(笑)・・・









抜染昇龍をどう見せようか その壱・・・大阪から。。。 検 手描き・和柄・和・抜染




  ほどよく古着加工がされたEDWINのジーンズ・・・

 以前、手描きさせてもらったものをリペアするか・・・

 新たにジーンズを買って、新しく描くか・・・

 相談をかねて来店された。・・・






  結局、リペアもしぃ〜のもう一本手描きもしぃ〜の

 ということになった。
 

  リペアは、既に完了し、8.31にもブログでアップ。

 リペアで昇龍は蘇りました。

 
  このEDWINのジーンズがはきやすかったとのことで、

 同じものをジーンズ屋さん回りをして見つけたそうなんです。

 廃番になっていたりするのに、よくまぁ探し出せたものです。・・・

   
   こりゃ〜執念やね(笑)




 

  EDWINというジーンズ・ブランドは、

 老舗の日本のジーンズ・メーカーです。

  EDWIN(エドウィン)というのは、・・・・

 デニム(DENIM)の「D」と「E」を入れ替え、

 「NIM」を180度反転して、

 「WIN」として“EDWIN”としたそうな・・・・


  「江戸」がアメリカ製に「勝つ」から「江戸ウィン」で

 “EDWIN”と学生の頃から、ずっとそう思っていた。・・・・


   誰じゃウソ教えたのは!・・・・



 
  抜染昇龍を右脚の接ぎを中心にして、真横に描く・・・

 そうすると斜め後ろから見てもええカンジやね。・・・

 はいている自分自身にも、脚に龍が巻きついている感が

 一番でると思いますね。・・・




  接ぎにまたがって描くのは、正面に描くよりも手間もかかるのだが、

 こうしたどう見せたいかってのが、大事なんです。・・・・


  これが既成の手描きジーンズとの大きな違いです。・・・・

 自分の考えを入れ込むことが何より大事なのです。


  車で言えば、BMWに抜き去られるときの

 左後ろ斜め45度あたりの、テールランプが見えるフォルムが

 最もかっこよく見えるのと同じ理屈・・・・
 
  乗っているとそれは見えないかもしれませんが、

 抜かれる人には、見えるのです。

  一瞬で抜きさられる斜め45度のサイド・ビューの

 印象づけを残していくのです(笑)



 
  こうした平面ばかりの画像では、伝わりにくいですが、

 はいたときが最も真価を発揮する時です。・・・・

 でも、それは、お客さんのものなのです。

  お見せできないのが残念ですが・・・・
 

 そして、鱗にはラインストーンを接着していきます。・・・・


  これからがんばって接着しないと・・・ふぅ〜(汗)







奈良から・・・今しか、経験でけへん。。。 検 ラインストーン・接着体験・リメイク・スワロフスキー




  妙齢のご婦人の二人連れ・・・・

 ラインストーンを自分でつけられるって聞いて・・・

 それやってみたいと思って・・・開店早々のご来店です。


  8.21の読売新聞に掲載された記事をご覧になられて、

 ネットで検索したとのこと。


  そやそや・・先日電話もいただいたお客さんだった。
 

 12時半には、錦市場でご飯食べる予約してるから、

  それまでに・・・・できる?

  どんなんができる?



 シャツの襟に、蝶のモチーフ・・・・と

 長袖のティシャツに桜の花と花びらのモチーフに決定・・・・。

  
  決まるまでが、どうしても長くなるのだが、即決!
 
 
 正味時間1時間か・・・なんとかギリギリ間に合うかな。





 
  自分でラインストーンをピンセットでつまんで、

 型にそってひたすら並べていく。・・・

  2ミリの大きさだけに、つまみにくい・・・

 それでもひたすらつまんでは、並べ・・・つまんでは並べる。
 

  その時の一言・・・こんなん、今しかでけへんわ・・・





 

 そして、今度は接着機を使って、一個一個接着。・・・

 先端の尖ったコテをラインストーンに垂直にあてて、

 ボタンを押すだけ・・・ひたすら押さえては、ボタンを押す。
 

  最後に透明シートをめくって接着完了!・・・

 笑顔がこぼれてくる。そして幾分肩の凝りに気づく(笑)



  ぴったり1時間で完了!・・・・おぉ〜よかった!よかった!


 透明シートをはがした時に、キラッと光るラインストーン・・・

 これがなんともいえないんです。


  無地ものが、キラキラ大変身・・・・

 そりゃもう今日は、家に帰ってからのみやげ話のネタになります(笑)

 
  なんつっても自作のオリジナルですからねぇ〜



 
 同時に購入された桜モチーフのライン・ストーン・バッグ・アクセも、

 キラキラ輝いており、活躍の場を与えられて喜んでいます。。


  さてと、これでもう心は、ラインストーンから、

  もう錦市場の食事の予約のほうです(笑)・・・

  顔にそう書いてありました・・・・








categories
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
  • LEVIS Gジャンの日米復刻もんの怪。   検 ビッグE・大戦モデル・506XX
    コンデコマ (03/05)
  • ♪お富さん 婀娜(あだ)な姿の洗い髪♪。。。 検 歌舞伎・手描き・粋・美意識・
    edokko kazu-chann (12/11)
  • デニムの着物に雲龍が完成・・・そしてデビューへ。。。 検 手描き・桜開花・花灯路
    浦上 純 (07/09)
  • LEVIS125 リメイク・バッグと携帯ケース完成。
    ぽんちゃん (05/15)
  • ダブル・ウェスト・ジーンズ・リメイク・バッグの完成。
    ゆうき (04/25)
  • 男と女の生首のリペアするって??? 検 手描きジーンズ・07年制作・修復
    sinkoro (08/30)
  • ジーンズ・リメイク・ミニボストン・  検ルイヴィトン・ジーンズ・リーバイス・リメイク
    774 (01/15)
  • 男と女の生首のリペアするって??? 検 手描きジーンズ・07年制作・修復
    TE (12/01)
  • 花札暦を手描きしたのを忘れていた・・・検デニム・手描き・リメイク・花札
    ひげ (06/30)
  • 桜 早くも満開・・・ここに咲きほこれり。  検ラインストーン・手描き・愛・桜・京都
    美欧 (06/23)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM